しろ
2007/06/24
平成17年12月に「ぴい♀」を迎えてから、同年同月「しろ♀」、 「くろ♂」、 平成18年3月「ふー♀」、「くー♂」、 18年12月「きい♀」、「よわ♂」、 「じい♂」、「ばあ♀」、 20年4月「にこ♂」、20年7月「きい♀」と「よわ♂」 の間に「ぴこ♀」 「にこ♂」が生まれました。
みんな、個性豊かで、忙しくも楽しい日々をすごしています。 昨年は粟を栽培してみましたが、市販の粟よりも実が小さく、芒(のぎ)が長い ため、どの子も口にはするものの、食べてはくれませんでした。
たまやさんには、「ふー」が以前病気になって餌を食べなくなってしまった時に いろいろアドバイスといただき大変感謝しております。 「ふー」をはじめ我が家のオカメさんたちは、具合が悪くなった時、 東京の鳥専門の病院で診てもらっています。 今はどの子も元気です。今年もよろしくお願いいたします。
2009/11/02 更新
手前右側はノーマル♂の「くーちゃん」、 手前右側がパール♀の「ふーちゃん」左奥のルチノー♂の「白」、中央奥のノーマル♀の「くろちゃん」、右奥パイド ♀の「ぴーちゃん」です。どうぞよろしくお願いします。
フーちゃんは以前病気にかかっていた子です。 電話でアドバイスをいただいたこともありました。 メガバクテリアというカビの仲間に胃腸をやられていました。食事はフォーミュラという流動食しか食べず体重は50グラムまで落ち込みました。いろいろな小鳥の専門の病院に行きましたが、症状は悪くなるばかりでした。しかし、インターネットで偶然に知った動物病院の先生が名医で、一ヶ月間通院し、ミカファンギンナトリウムという注射を毎回受け、フーちゃんは命を落とさずにすみました。 今では我が家で一番元気の良い子になりました。